ヒューベルト,支援EN,Hubert,ヒューベルト,支援A,第二部

一人を想うので精一杯のドロテアちゃんは、やはりヒューベルトの言う「道」については理解できませんが、その道を理解し一緒に歩みたいと思い、ヒューベルトとの結婚を考えます。

ヒューベルト,支援EN,Hubert,ヒューベルト,支援B,第一部

ヒューベルトがエーデルガルト様に向ける気持ちを恋愛と絡めて理解しようとするドロテアちゃんに、ヒューベルトはエーデルガルト様が示した道の話をします。

ヒューベルト,支援EN,Hubert,ヒューベルト,支援C,第一部

「全てを投げ打ってでも支えたいと思える主がいないうちは理解し合えない」と距離を置かれたドロテアちゃんは意地でもヒューベルトの心情を理解したいと思います。

エーデルガルト,支援Edelgard,EN,エーデルガルト,支援A,第二部

エーデルガルト様と一緒にいられればそれだけで良くなってしまい伴侶探しをしなくなったドロテアちゃん。そして自分の物語にはドロテアが必要だとドヤ顔のエーデルガルト様。

エーデルガルト,支援Edelgard,EN,エーデルガルト,支援B,第一部

二人の色恋の話。「きっと燃え上がるような恋など一生することはない」と言うエーデルガルト様に「何が起こるかわからない」「自分たち二人にもそうなる可能性はある」と告げるドロテアちゃん。

エーデルガルト,支援Edelgard,EN,エーデルガルト,支援C,第一部

「貴族も平民も分け隔てなく扱う」と言うエーデルガルト様、それを願いつつも途方もないと感じエーデルガルト様を歌劇の登場人物のようだと評するドロテアちゃん。いつかエーデルガルト様が主題の歌劇が作られ ...

ベレス,支援Byleth,EN,ベレス,会話差分,支援S,第二部

終戦後、女神の塔でドロテアちゃんとベレス先生は二人きりの時間を過ごし、特別な間柄に。

ベレス,支援Byleth,EN,ベレス,会話差分,支援A,第二部

自分を自由にさせてくれているベレス先生に感謝していると言うドロテアちゃん。心を許した先生に身の上話をし、どうして切実に生涯の伴侶を探し求めているのかを語ります。

ベレス,支援Byleth,EN,ベレス,会話差分,支援B,第一部

気落ちしている様子のドロテアちゃんに声をかけると、何も持っていない自分を見透かすようなベレス先生の目が苦手だと告白するドロテアちゃん。代わりに先生の弱みを見せて欲しいと迫りますが……。

ベレス,支援Byleth,EN,ベレス,会話差分,支援C,第一部

日毎に違う男と逢瀬を繰り返すドロテアちゃん。そこにやってきて疑問を口にする先生に対し、ドロテアちゃんは真剣に男漁りをしている旨を伝えるのでした。