エーデルガルト,支援Edelgard,EN,エーデルガルト,支援A,第二部

エーデルガルト様と一緒にいられればそれだけで良くなってしまい伴侶探しをしなくなったドロテアちゃん。そして自分の物語にはドロテアが必要だとドヤ顔のエーデルガルト様。

エーデルガルト,支援Edelgard,EN,エーデルガルト,支援B,第一部

二人の色恋の話。「きっと燃え上がるような恋など一生することはない」と言うエーデルガルト様に「何が起こるかわからない」「自分たち二人にもそうなる可能性はある」と告げるドロテアちゃん。

エーデルガルト,支援Edelgard,EN,エーデルガルト,支援C,第一部

「貴族も平民も分け隔てなく扱う」と言うエーデルガルト様、それを願いつつも途方もないと感じエーデルガルト様を歌劇の登場人物のようだと評するドロテアちゃん。いつかエーデルガルト様が主題の歌劇が作られ ...