お茶会movie,お茶会,第一部,第二部,観賞

ドロテアちゃんのお茶会台詞集です。動画付き。

贈り物movie,第一部,第二部

歌姫”らしい”品物を喜ぶ一方、嫌いな物品にドロテアちゃんの人生が見えます。学生時代と五年後とでは台詞の声音が違うので動画付き。

ストーリーEP.1,第一部

担当学級を決めて、三学級対抗戦が行われる今節。ドロテアちゃんは敵対2ルートともに課題戦闘に出撃します。

ユーリス,支援EN,Yuri,ユーリス,支援B,第一部

貧しい人たちのために催される歌劇に出演するはずだったドロテアちゃんですが、怪我をしてしまったため代役をユーリスに頼みます。

ユーリス,支援EN,Yuri,ユーリス,支援C,第一部

ユーリスが街の子供達に歌を歌ってあげているところを見て才能を感じたドロテアちゃんはユーリスを歌劇の道に誘おうとしますが、ユーリスは「人前で歌うのがこの世で一番嫌いだ」と断ります。

マヌエラ,支援EN,Manuela,マヌエラ,支援B,第一部

落ち込むマヌエラ先輩にドロテアちゃんは「それでも先輩を尊敬している」と告白します。

マヌエラ,支援EN,Manuela,マヌエラ,支援C,第一部

どうやって入学したのか、なぜそこまでして士官学校に入ったのか、と尋ねるマヌエラ先生に「マヌエラ先輩がいたから」と答えるドロテアちゃん。

ハンネマン,支援EN,Hanneman,ハンネマン,支援B,第一部

ドロテアちゃんが貴族を嫌っているという噂を耳にしたハンネマン先生は、ドロテアちゃんに過去に何かあったのかと尋ね、ドロテアちゃんは自分の出生と父親について明かします。

ハンネマン,支援EN,Hanneman,ハンネマン,支援C,第一部

貴族らしい振る舞いなのに貴族の身分を捨てているハンネマン先生に興味を持つドロテアちゃん。貴族とは身分ではなく心のありようなのだと言うハンネマンを素敵だと感じ好感を持ちます。

ローレンツ,支援EN,Lorenz,ローレンツ,支援B,第一部

「女の子を道具みたいな選び方して」「相手の気持なんて考えもしない」とローレンツにご立腹のドロテアちゃんですが、思っていたより真摯で真面目な理由で平民を区別していることを知り、ローレンツへの態度を謝罪し、誤解をときます。