ユーリス,支援EN,Yuri,ユーリス,支援C,第一部

ユーリスが街の子供達に歌を歌ってあげているところを見て才能を感じたドロテアちゃんはユーリスを歌劇の道に誘おうとしますが、ユーリスは「人前で歌うのがこの世で一番嫌いだ」と断ります。

マヌエラ,支援EN,Manuela,マヌエラ,支援C,第一部

どうやって入学したのか、なぜそこまでして士官学校に入ったのか、と尋ねるマヌエラ先生に「マヌエラ先輩がいたから」と答えるドロテアちゃん。

ハンネマン,支援EN,Hanneman,ハンネマン,支援C,第一部

貴族らしい振る舞いなのに貴族の身分を捨てているハンネマン先生に興味を持つドロテアちゃん。貴族とは身分ではなく心のありようなのだと言うハンネマンを素敵だと感じ好感を持ちます。

ローレンツ,支援EN,Lorenz,ローレンツ,支援C,第一部

誰彼構わず口説くようでいて、平民を完全に対象外とし「平民と親しくなっても利がない」と言うローレンツに腹を立てるドロテアちゃん。今後は最低限の会話しかしないようにしようと提案します。

イングリット,支援EN,Ingrid,イングリット,支援C,第一部

自身が出演する歌劇にイングリットを誘うドロテアちゃんですが、イングリットはお化粧やおしゃれが分からないからと困り顔。しかしドロテアちゃんは「観劇に相応しい素敵な女の子にしてあげる」とがぜん張り切るのでした。

シルヴァン,支援EN,Sylvain,シルヴァン,支援C,第一部

遊び人のシルヴァンに口説かれたドロテアちゃんは「付き合うのが好きなだけで女の子自体は嫌いなのでは?」と看破し、また、「自分の命一つはシルヴァンには懸けられない」と誘いを断ります。

フェリクス,支援EN,Felix,フェリクス,支援C,第一部

訓練中のフェリクスくんに声をかけ、お茶に誘うドロテアちゃん。フェリクスくんは疎ましく思い、冷たくしてもめげないドロテアちゃんに困惑します。

ペトラ,支援EN,Petra,ペトラ,支援C,第一部

遠い異国から来たお姫様のペトラに対し、料理、マッサージ、子守唄……とドロテアちゃんは自分にできることはないか気遣います。

ベルナデッタ,支援Bernadetta,EN,ベルナデッタ,支援C,第一部

仲良くしたい、友達になりたいと思いつつも平民のドロテアに近づくことを恐れるベルナデッタ。ドロテアちゃんから歩み寄ろうとしますが、ベルナデッタは「お父様が」と謎の言葉を残して走り去ってしまうのでした。

カスパル,支援Caspar,EN,カスパル,支援C,第一部

身を立てるために訓練に精を出すカスパルと、安定のために男漁りに精を出すドロテアちゃん。努力の方向は違えど、お互いに将来のために頑張ろうと励まし合います。