ユーリス,支援EN,Yuri,ユーリス,支援B,第一部

貧しい人たちのために催される歌劇に出演するはずだったドロテアちゃんですが、怪我をしてしまったため代役をユーリスに頼みます。

マヌエラ,支援EN,Manuela,マヌエラ,支援B,第一部

落ち込むマヌエラ先輩にドロテアちゃんは「それでも先輩を尊敬している」と告白します。

ハンネマン,支援EN,Hanneman,ハンネマン,支援B,第一部

ドロテアちゃんが貴族を嫌っているという噂を耳にしたハンネマン先生は、ドロテアちゃんに過去に何かあったのかと尋ね、ドロテアちゃんは自分の出生と父親について明かします。

ローレンツ,支援EN,Lorenz,ローレンツ,支援B,第一部

「女の子を道具みたいな選び方して」「相手の気持なんて考えもしない」とローレンツにご立腹のドロテアちゃんですが、思っていたより真摯で真面目な理由で平民を区別していることを知り、ローレンツへの態度を ...

イングリット,支援EN,Ingrid,イングリット,支援B,第一部

化粧やおしゃれを教えたのに普段は着飾ってくれないことを残念に思うドロテアちゃん。おしゃれをしたイングリットは「思わず襲いたくなるほどの美しさだった」と恍惚とし、イングリットを困惑させます。

シルヴァン,支援EN,Sylvain,シルヴァン,支援B,第一部

独りの食事を寂しく思い、シルヴァンを誘うドロテアちゃん。自分が貴族じゃなくても誘ったか?と面倒な問答を始めるシルヴァンですが、ドロテアちゃんは「おじいさんでも、家から絶縁された元貴族でも、貧民街 ...

フェリクス,支援EN,Felix,フェリクス,支援B,第一部

馴れ合わず、ひとからどう見られるかに頓着しないフェリクスくんが貴族らしくないと興味を持つドロテアちゃん。

ペトラ,支援EN,Petra,ペトラ,支援B,第一部

良くしてくれる理由を尋ねるペトラに、損得は関係なく仲良くしたいこともある、と言うドロテアちゃん。ペトラもまた理由は分からないが損得なくドロテアと仲良くしたいと思っていることを告げます。

ベルナデッタ,支援Bernadetta,EN,ベルナデッタ,支援B,第一部

平民と友達になることにトラウマがあるベルナデッタをドロテアちゃんは安心させ、「貴女にとって二番目の平民の友達」になると言います。

カスパル,支援Caspar,EN,カスパル,支援B,第一部

自分にだけ妙に気安い理由が弟扱いだと言うことが気に食わないカスパルくん。「お姉ちゃん」と呼ばせて悦に入るドロテアちゃんに報復として「お兄ちゃん」と呼ばせたものの、手玉に取られて走り去ります。

リンハルト,支援EN,Linhardt,リンハルト,支援B,第一部

自分の生い立ちに引け目を感じ、生き方についての悩みを打ち明けるドロテアちゃんに対してリンハルトは「過去なんて捨ててしまえばいい」と言ってのけ、「誰に後ろ指を指されることもない立派な女の子だ」と認 ...

リンハルト,支援EN,Linhardt,リンハルト,支援B,第一部

生い立ちや過去のことで兵士たちに陰口を叩かれるドロテアちゃん。リンハルトは気にする必要はないと言いますが、ドロテアちゃんは割り切れません。