ユーリス,支援EN,Yuri,ユーリス,支援A,第二部

共に好きなものを環境に奪われ人生の迷子になっていた二人は共感しあい、新しい歌劇団を立ち上げるという夢を見ます。

マヌエラ,支援EN,Manuela,マヌエラ,支援A,第二部

ひとり未来に思いを馳せるドロテアちゃんは、まだ迷ってはいるものの、どんな形でも一つだけ叶えたい夢があると言います。

ハンネマン,支援EN,Hanneman,ハンネマン,支援A,第二部

いつもドロテアちゃんのことを特別気にかけてくれるハンネマン先生の微妙な発言に、求婚かと勘違いして恥ずかしがるドロテアちゃん。

ローレンツ,支援EN,Lorenz,ローレンツ,支援A,第二部

ドロテアちゃんに惹かれていることに気づかされたローレンツは、終戦までに自分の「利になる貴族令嬢のみ相手にする」という信念と決着をつけ、結論を出すことを約束します。

シルヴァン,支援EN,Sylvain,シルヴァン,支援A,第二部

「女達が欲しいのは自分の紋章と血だ」と鬱屈を抱えているシルヴァンに、ドロテアちゃんもまた「求婚者たちは容姿と歌と名声に群がっているだけ」とよく似た境遇にいることを打ち明け、共感しあいます。

フェリクス,支援EN,Felix,フェリクス,支援A,第二部

訓練のあと二人でお茶を飲む間柄になったフェリクスくんとドロテアちゃん。

フェリクス,支援EN,Felix,フェリクス,支援A,第二部

剣の訓練に付き合わせて手応えを感じたフェリクスくんは、「護身のために訓練は欠かしていなかった」というドロテアちゃんに対し「現実から目を背けていないのには好感が持てる」と評価を改め、初めてお茶に付き合います。

ペトラ,支援EN,Petra,ペトラ,支援A,第二部

お互いに大切な存在になった二人。ペトラは戦争が終わったらブリギットに一緒に来ないかとドロテアちゃんを誘います。

カスパル,支援Caspar,EN,カスパル,支援A,第二部

男漁りをやめたドロテアちゃん。
カスパルくんといると自然な自分でいられて居心地が良いと、結婚についてジャブを打ちます。

リンハルト,支援EN,Linhardt,リンハルト,支援A,第二部

生き方も何もかも真逆の二人。リンハルトの気楽な生き方にご一緒させてもらう、と言うドロテアちゃん。