リンハルト,支援EN,Linhardt,リンハルト,支援B,第一部

生い立ちや過去のことで兵士たちに陰口を叩かれるドロテアちゃん。リンハルトは気にする必要はないと言いますが、ドロテアちゃんは割り切れません。

リンハルト,支援EN,Linhardt,リンハルト,支援C,第一部

貴族らしくないリンハルトに興味を持つドロテアちゃん。「自尊心も魅力も生きる邪魔にしかならない」と言ってのけるリンハルトに、魅力を磨いて生きてきたドロテアちゃんは呆気にとられます。

フェルディナント,支援EN,Ferdinand,フェルディナント,支援A,第二部

実は子供の頃に会ったことがあり、その時のすれ違いによってフェルディナントを嫌っていたドロテアちゃん。誤解がとけ、打ち解けます。

フェルディナント,支援EN,Ferdinand,フェルディナント,支援B,第一部

「蜜蜂みたい」だと評されたフェルディナントは生まれながらに安定した巣を持つ自分が気に入らないのだと勘違いし、何もないところから自分の力だけで物事を成し遂げれば見直してもらえると考えます。 ...

フェルディナント,支援EN,Ferdinand,フェルディナント,支援C,第一部

自分に対してだけ辛辣な態度をとるドロテアちゃんに嫌う理由を尋ねるフェルディナント。ドロテアちゃんはフェルディナントが「蜜蜂のような人だから」とヒントを出します。

ヒューベルト,支援EN,Hubert,ヒューベルト,支援A,第二部

一人を想うので精一杯のドロテアちゃんは、やはりヒューベルトの言う「道」については理解できませんが、その道を理解し一緒に歩みたいと思い、ヒューベルトとの結婚を考えます。

ヒューベルト,支援EN,Hubert,ヒューベルト,支援B,第一部

ヒューベルトがエーデルガルト様に向ける気持ちを恋愛と絡めて理解しようとするドロテアちゃんに、ヒューベルトはエーデルガルト様が示した道の話をします。

ヒューベルト,支援EN,Hubert,ヒューベルト,支援C,第一部

「全てを投げ打ってでも支えたいと思える主がいないうちは理解し合えない」と距離を置かれたドロテアちゃんは意地でもヒューベルトの心情を理解したいと思います。

エーデルガルト,支援Edelgard,EN,エーデルガルト,支援A,第二部

エーデルガルト様と一緒にいられればそれだけで良くなってしまい伴侶探しをしなくなったドロテアちゃん。そして自分の物語にはドロテアが必要だとドヤ顔のエーデルガルト様。

エーデルガルト,支援Edelgard,EN,エーデルガルト,支援B,第一部

二人の色恋の話。「きっと燃え上がるような恋など一生することはない」と言うエーデルガルト様に「何が起こるかわからない」「自分たち二人にもそうなる可能性はある」と告げるドロテアちゃん。

エーデルガルト,支援Edelgard,EN,エーデルガルト,支援C,第一部

「貴族も平民も分け隔てなく扱う」と言うエーデルガルト様、それを願いつつも途方もないと感じエーデルガルト様を歌劇の登場人物のようだと評するドロテアちゃん。いつかエーデルガルト様が主題の歌劇が作られ ...

ベレス,支援Byleth,EN,ベレス,会話差分,支援S,第二部

終戦後、女神の塔でドロテアちゃんとベレス先生は二人きりの時間を過ごし、特別な間柄に。