ハンネマン,支援EN,Hanneman,ハンネマン,支援A,第二部

いつもドロテアちゃんのことを特別気にかけてくれるハンネマン先生の微妙な発言に、求婚かと勘違いして恥ずかしがるドロテアちゃん。

ハンネマン,支援EN,Hanneman,ハンネマン,支援B,第一部

ドロテアちゃんが貴族を嫌っているという噂を耳にしたハンネマン先生は、ドロテアちゃんに過去に何かあったのかと尋ね、ドロテアちゃんは自分の出生と父親について明かします。

ハンネマン,支援EN,Hanneman,ハンネマン,支援C,第一部

貴族らしい振る舞いなのに貴族の身分を捨てているハンネマン先生に興味を持つドロテアちゃん。貴族とは身分ではなく心のありようなのだと言うハンネマンを素敵だと感じ好感を持ちます。

ローレンツ,支援EN,Lorenz,ローレンツ,支援A,第二部

ドロテアちゃんに惹かれていることに気づかされたローレンツは、終戦までに自分の「利になる貴族令嬢のみ相手にする」という信念と決着をつけ、結論を出すことを約束します。

ローレンツ,支援EN,Lorenz,ローレンツ,支援B,第一部

「女の子を道具みたいな選び方して」「相手の気持なんて考えもしない」とローレンツにご立腹のドロテアちゃんですが、思っていたより真摯で真面目な理由で平民を区別していることを知り、ローレンツへの態度を謝罪し、誤解をときます。

ローレンツ,支援EN,Lorenz,ローレンツ,支援C,第一部

誰彼構わず口説くようでいて、平民を完全に対象外とし「平民と親しくなっても利がない」と言うローレンツに腹を立てるドロテアちゃん。今後は最低限の会話しかしないようにしようと提案します。

イングリット,支援EN,Ingrid,イングリット,支援B,第一部

化粧やおしゃれを教えたのに普段は着飾ってくれないことを残念に思うドロテアちゃん。おしゃれをしたイングリットは「思わず襲いたくなるほどの美しさだった」と恍惚とし、イングリットを困惑させます。

イングリット,支援EN,Ingrid,イングリット,支援C,第一部

自身が出演する歌劇にイングリットを誘うドロテアちゃんですが、イングリットはお化粧やおしゃれが分からないからと困り顔。しかしドロテアちゃんは「観劇に相応しい素敵な女の子にしてあげる」とがぜん張り切るのでした。

シルヴァン,支援EN,Sylvain,シルヴァン,支援A,第二部

「女達が欲しいのは自分の紋章と血だ」と鬱屈を抱えているシルヴァンに、ドロテアちゃんもまた「求婚者たちは容姿と歌と名声に群がっているだけ」とよく似た境遇にいることを打ち明け、共感しあいます。

シルヴァン,支援EN,Sylvain,シルヴァン,支援B,第一部

独りの食事を寂しく思い、シルヴァンを誘うドロテアちゃん。自分が貴族じゃなくても誘ったか?と面倒な問答を始めるシルヴァンですが、ドロテアちゃんは「おじいさんでも、家から絶縁された元貴族でも、貧民街に暮らす孤児でもかまわない」と冗談交じりに返します。