【お茶会】ドロテアちゃんの台詞パターン(動画)

お茶会movie,お茶会,第一部,第二部,観賞

お茶に誘われたとき

失敗と成功の2パターン。どちらも汎用台詞っぽいですね。

都合が悪い

「うーん……」

応じる

「あら、ありがとうございます」

お茶会開始

支援Aになると部屋に連れ込んでのお茶会になるためか台詞が変わります。

ドロテアちゃん好みの茶葉(ベリーティー、アップルティー)を選んだ場合、追加の台詞が。

高級茶葉でも台詞が変わるらしい…ので、今度高級茶葉を手に入れてからまた追加します。

中庭

「ふふっ……先生ったら、二人きりになりたかったんですか?」

先生の部屋

「呼んでくれてありがとう、先生。ふふふっ」

追加会話:好みの茶葉のとき

「先生って、気が利くんですねえ。そのへんの貴族様よりよっぽど素敵です」

お茶を勧められたとき

汎用台詞っぽいですね。

「あら、ありがとうございます」

お茶を飲んだとき

3パターン。パーフェクトティータイムで見つめ合ってるときにお茶を飲んだ後にも同じ台詞がきけます。

「あたたかい」
「いい香り」
「幸せですねえ」

会話成功

会話が3回とも(もしくは好みの茶葉で2回以上)成功した場合は追加の台詞と選択肢が発生。

9パターン。(他にもあったら教えて下さい)

「ガルグ=マクに巡礼に来る貴族って意外と多いんですよ。願い事をしたりとかね」
「器が大きいですねえ、先生は。私のこと、これだけ自由にさせてくれるんですから」
「私、聖歌って好きじゃないんですよねえ。女神様に歌なんて捧げたくないですもん」
「先生の弱みって結局何もないんですか?それは憧れちゃいますねえ、ふふっ」
「男の人って、どうして見栄を張るのかなあ。嘘なんてすぐ見破られるに決まってるのに」
「私の理想は、無駄に信仰心が強くなくて、生きてけるだけの稼ぎと貯えがある人です」
「人死にが続いて、気が滅入りそうなの。ここで癒やさせてください……」
「先生に出会えて良かったなあ、私。どんな未来が待っていても、それだけは確実ね」
「明日死ぬかもしれない状況のほうが、誰かに惹かれる気持ちも強くなるって思わない?」

見つめられたとき

首から上か下か、学生時代か5年後かで異なるので4パターン。

「何だか意味ありげな視線ですね。……いえ、何でもないです」
「なあに、先生? 私の瞳をじっと見て。これでも宝石に譬えられるほどだったのよ」

「先生? 流石にそこばかり見られるのは、私も恥ずかしいんですけど……」
「先生には、歌姫の頃の衣装に身を包んだ私も見てほしかったわねえ」

お茶会終了

失敗時も成功時も台詞自体は変わらないのですが、失敗時は距離がありますね……。

失敗

「良いお茶でした。ありがとう、先生。また呼んでくださいねえ」

成功

「良いお茶でした。ありがとう、先生。また呼んでくださいねえ」