【敵対・翠風】アンヴァル宮城戦(EP.20 交差の結末)

2021-01-09ストーリー,戦闘マヌエラ,主人公,敵対会話,死亡台詞,翠風ルート

前提

第一部にてドロテアちゃんをスカウトしていない場合、ドロテアちゃんは皇帝を守る最後の盾としてペトラと共に出撃します。

状況

直近の戦闘(EP.19)で死神騎士とヒューベルトまでもが倒され、生き残っている黒鷲の仲間も既にドロテアちゃんとペトラの2名のみ。

ドロテアちゃんはただの平民であって軍人ではない上、気が優しく戦争も嫌いです。本来、戦う義務もなければ意欲もありません。ですが、いよいよ皇帝の命が危なくなって、彼女を守るために命を懸けて戦います。

配置位置

皇帝のいる玉座の間の扉を守るようにして前方にペトラ。ドロテアちゃんは主人公たちを挟み撃ちする形で後方から出撃します。

ドロテアちゃんは玉座とは反対方向から出撃してくるので、無視して速攻で玉座を目指せば戦わずに済みます。
攻撃範囲に入るまでドロテアちゃんは動きませんが、初期位置ですでに攻撃範囲に入っている上、周辺の兵士たちは進軍してくるので対処が必要です。
ペトラの向こうには閉じられた扉と皇帝のいる玉座の間が……。

所持品・ステータスなど

皇帝のいる玉座の間につながる扉の鍵を持ち、戦いに有用なスキルや魔法を覚え、歌劇団義勇兵を引き連れての登場です。

皇帝のいる玉座の間を守る扉の鍵を預けられているのだと思うと……。(ペトラちゃんも所持)
有用スキルも所持しているし、主人公の学級じゃなくても頑張って訓練や勉強をしたんですね。
ただ、信仰は主人公がいないと才能開花しないので最低のEレベルです。
一緒にいるのは「歌劇団義勇兵」
団員や信奉者(ファン)が歌姫を守るために戦場に出てくるなんて、ドロテアちゃんは慕われているんですね。

台詞

ペトラ・ドロテアちゃん共に敵対している(どちらもスカウトしていない)場合、戦闘開始時にそれぞれ特殊台詞があります。ふたりとも自分の意志でエーデルガルト様とその道を守ろうと決めていることが分かる良い台詞です。

戦闘開始(1ターン目)

攻撃時・通常会話

攻撃時・特殊会話

特別な会話が用意されているのは主人公とマヌエラ先輩の2名。主人公の男女差分は「貴女」「貴方」の漢字くらいです。

主人公

マヌエラ

死亡時

動画版

ドロテアちゃんの各会話の動画集です。

動画で携帯通信量がなくなってしまわないよう、余裕があるときかWifi環境などで御覧ください。